イメージ画像

スポンサード リンク

最新情報

痔 出血

痔の出血がある場合、そのほとんどが排便時に起こるものです。

痔の出血で最も多いのは、肛門内に出来るイボ痔による出血です。 イボ痔による出血の特徴は、排便時に血がしたたり落ちたり、ほとばしるように出血して便器の水が真っ赤に染まったりします。 また、イボ痔は出血量は多くても痛みを伴わないのが特徴です。 排便時に少量の出血や、紙に血が付くことで気づく場合が多いです。

痔の出血で排便時が伴う場合は、肛門の皮膚が切れてしまう切れ痔が原因です。 切れ痔はかたい便や勢いよくでる下痢便で肛門入口付近の皮膚が切れてしまって起こります。 排便時には激しい痛みを伴うのが特徴です。

痔の出血はイボ痔や切れ痔によるものが大半ですが、なかには痔による出血と思い込んでいたものが、 大腸ガンや大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎など痔以外の病気が原因で出血する場合があるので注意して下さい。

痔の出血の場合は血の色が鮮やかな赤色をしていますが、血の色が黒ずんでいたり、 汚い場合は肛門より奥の大腸の炎症や大腸ポリープなどの消化器官が原因として考えられます。 大腸ガンのように死に至る危険な病気もありますので、肛門から出血がある場合が素人判断をせずに、 必ず病院に行き専門医に診断してもらうようにして下さい。

痔の出血がある場合、そのほとんどがイボ痔や切れ痔が原因です。 放置しておくと症状が悪化し、最悪の場合は手術をすることになります。 そのようにならない為にも、早い段階で病院に行き治療を行うようにしましょう。

スポンサード リンク

このページの先頭へ